自己破産ってマイナスなイメージがあるけれど

免責により債務がゼロになる債務整理です

債務整理には借金を減らす任意整理や個人再生手続きの他、裁判所が許可を下した場合、破産法の法律に基づき、債務者の借金をゼロにする自己破産の手続きがあります。自己破産と言うとマイナスイメージを持つ人も多いかと思われますが、債務がゼロになる事で新しい人生の再スタートを切る事が出来ます。但し、借金をした理由が浪費やギャンブルと言った場合、破産申立を行っても裁判所が許可を下さなければ手続きを進める事は出来ません。

自己破産は自由財産を手元に残せます

自己破産を行った場合、マイホームや高価な財産は全て差し押さえが行われる事になります。差し押された財産は、裁判所が選任を行った破産管財人により管理され、債権者に対して債務の弁済として均等に分配が行われます。そのため自己破産は財産を失うと言うイメージが強いのですが、99万円以下の現金などについては手元に残せるため、必ずしも一文無しになるわけではありません。これは自由財産と呼ばれているものについては手元に残せるのです。

官報に掲載されブラックリストに掲載

自己破産は裁判所で手続きが行われる債務整理で、裁判所での決定により免責許可事由になり、債務額がゼロになります。裁判所で決定した事項は国の情報誌でもある官報に掲載が行われるのが特徴で、自己破産の手続きを行った人も官報に掲載が行われる事になり、ブラックリストの状態になります。ブラックリストの状態になると、クレジットカードや借入を行う事が出来なくなりますが、免責許可事由が下されてから7年程経過すると情報が消滅するようになっているため、将来カードローンを利用する事、クレジットカードを作る事も可能になります。

自己破産の手続きをするには、まとまった金額の支出が必要となるため、プロの弁護士に相談をすることが大事です。