相続税の軽減なら専門家の税理士におまかせ!

そもそも相続税って何?

相続税とは遺産を相続する時にかかる税金の事できちんと申告をして支払う必要があるものです。相続税は一定の金額を超えたら払わなければならないという決まりがあるのですが、その一定額とはどのくらいかというと基礎控除の金額を超えたらになります。基礎控除は平成27年以降は3000万円プラス600万円×法定相続人の数です。つまり、すべての相続財産を時価に換算して、基礎控除を超えていた場合に支払い義務が生じるということになりますね。

税理士に依頼した方が良い

相続税は基礎控除の金額以下であれば必要ありませんし、税務署への申告も必要がありません。しかし、財産の評価額の見方によっては超えていないはずだったのに超えてしまうというようなケースも出てきてしまいます。その場合、追徴や延滞が掛かってしまうことも有り得るので、ある程度のの遺産が有る場合には税理士に相談してみた方が良いでしょう。相続税が必要かどうかはもちろんですが、必要な場合においても面倒な手続きをほとんどやってくれるので楽です。

相続税の軽減について

相続税の計算において特例がありその特例に該当した場合には相続税の軽減が可能となります。特例には様々なものがあり配偶者の税額軽減や、短期間のうちに相続が続いた場合の相次相続控除、未成年や障害者などにおいても軽減があります。自分がこういった軽減に当てはまるのかどうかに関しても税理士であれば適切な処理を行ってくれるので、自分で申告をするよりも税額を抑えられる可能性が高まります。また、相続対策などの相談にも乗ってくれるので税理士を上手く活用することが重要になるのですね。

悲しみの中疲労困憊の状態ですから、相続の申告を税理士に依頼することで複雑な手続きから解放されて負担を減らすことが可能です。