専門学校に行くなら目的をはっきりさせよう

専門学校に行くメリット

専門学校へ行くメリットは、特定の専門技術を身に付けたり、資格を取得できることです。高校を卒業してから、社会人になる前にもう少し勉強し、就職に有利な学歴や資格を得るために、専門学校に進学する人が多くいます。専門学校を大学や短大に代わる進学先と捉えている人も多いですが、本来は高校卒業後の進学先というわけではありません。しかし専門学校を卒業し、取れる資格をきちんと取れば、それなりの学歴としてみなされますから、メリットがあるといえます。

良い専門学校を見分けるには

書店に行くと、専門学校や習い事の教室が紹介されている雑誌などがあります。専門学校の多くは、学校を紹介するパンフレットやDVDを、申し込めば送ってくれます。専門学校は非常に多くの学校があり、中には学費ばかりかかって、詐欺まがいの学校もあります。良い店を見つけるのと同じで、それなりの歴史があり、勧誘に不自然な印象がないことなどを慎重にチェックしましょう。高校など学校で紹介してくれるなら、それは貴重な情報です。先輩方も進学した場所が多いので、そのあたりの事情も先生などに質問してみましょう。

目的がはっきりしていれば後悔しない

専門学校はよく、就職率の高さを謳って広告を出しています。しかし高卒の人が1年間、専門知識を学んだとしても「この人は自分のやりたいことを一生懸命勉強した若者」と思われるだけで、それ以上のことは無いといっても過言ではありません。それ以上になるには、その人の社会性や運による所が大きいのです。しかし高校卒業後の就職先が豊富ではありませんから、高校卒業から社会人になるまでの、つなぎの目的で進学するのも一つの方法です。その場合は、在学中は学業だけでなく交友関係を広めたり、アルバイトを始めたりするなどして、自分の世界を広げる努力をして過ごすのが賢明です。将来は、専門学校で習ったことを生かした仕事が出来れば一番良いですが、必要以上に拘ることはありません。一方、飲食店など自分のお店を持ちたいと考えて、専門学校に進学する人もいます。その場合は資金や協力者、失敗したときの身の振り方などを総合的に判断して、挑戦しましょう。いずれにしても、目的意識をはっきり持っていなければ、お金と時間の浪費になってしまうという事を、忘れてはいけません。

ゲームの専門学校は行く価値があると思います。ゲームの知識だけではなく、作り方も教えてくれます。楽しんで通ってください。