洋服大好き!!服飾専門学校で学んだあれこれ!!

デザイナーになるには?

ファッション業界を目指している中特に多く人気なのがデザイナーです。デザイナーといっても洋服だけではなく靴やカバンなど色々あります。また何か資格を取得すればなれるというものでもなく自らのアイディアでデザイン画が描けるというのが最低ラインです。多くのデザイナーは服飾専門学校を経てアパレル企業で働き、わずかな才能ある人材は自分のブランドを立ち上げてオリジナル商品を手掛けたりし自身のブランドとして独立できます。

パタンナーという仕事

パタンナーとはデザインされた洋服を型紙にしておこす専門職です。パタンナーにはイメージ通りのデザインを正確に理解しておこして欲しいため洋服に対する高い知識や腕が要求されます。着心地やシルエットなども大事ですのでファッション業界で最終的な品物の善し悪しはパタンナーの腕次第で決まると言われているほどパタンナーには責任があり、かつ重要なポジションなのです。その分自分がおこした洋服が店頭に並んでいたりするのをみるとやりがいになります。

ファッション業界について

ファッション業界に憧れてファッション業界に入る人は沢山います。しかしファッション業界とは表の華やかさとは違い厳しく大変な世界なのです。現状日本のアパレル市場は飽和状態になっており海外の企業が日本に進出しています。またネットビジネスが成長していることで買い物のスタイルも変わりいつでもどこでも簡単に購入することが可能になりました。そして安くて手軽なファストファッションがここ数年日本に新進しているのが今のファッション業界なのです。

服飾の専門学校はファッション業界を志すなら通っておくのが良く、服飾の歴史から流行、デザインや縫製に至るまで学ぶことができます。