通信制高校を選ぶ上で重要なポイントとは?!

通常の高校と通信制高校の違いとは?

通信制高校のほとんどが自宅学習になります。学校から与えられた課題をこなし、提出し、年に数回あるスクーリングに出席することで単位を習得することが出来ます。通信制高校の単位を習得する流れはだいたいどこの学校でもこのようなものです。しかし、公立や私立で独自に行っている取り込みなどがあり、一概に通信制高校といってもその高校を選ぶポイントはたくさんあります。特に選ぶ上で重要になってくるのが学費、就学目的、その他学校のサポート制度などです。

通信制高校上で重要なポイント

通信制高校にも公立や私立があり、学費の値段が変わってきます。また、私立などは通信制であれどもコースが設定してあるものもありまずはそこをしっかりと確認する事が重要です。特に通信制高校に入学する目的も個人によって大きく変わります。「人と話せるようになりたい、不登校だけど学校に通えるようになりたい」といった精神面での理由や、「大学に進学することを考えている」といったものまで様々です。何を目的に通信制高校に行くかにより私立、公立に行くにも変わるので、自分が通信制高校で何がしたいのかを考えてみましょう。

実際に行くことも考えてみる

通信制高校でも、学校に通学する必要がある時があります。単位の習得の際に必要なスクーリングや、面談などは余程の理由がない限り自宅で受ける事が出来ません。そのため、通学することも考えて通信制高校を選びましょう。そのため、まず通信制高校を探すときに行う事が自分が通える範囲内で通信制高校があるかどうかを調べる、そして資料を取り寄せ、実際にオープンスクールまで行ってみる事まで行うと、自分が通信制高校に行く理由なども見つける事が出来るので、行ってみる事が大事です。

通信制高校は、月に数回登校して授業を受けますがほとんど自主勉強になります。自分のペースで勉強でき、働きながらでも学べます。